大分駅前地下道アート作品 ~生成と消滅 大分市~






工事名 「生成と消滅 大分市」作品設置に伴う電気設備工事
建物用途 アート作品
発注者 大分市アートを活かしたまちづくり推進会議
設計者 逢坂卓郎(筑波大学特命教授)
工事場所 大分駅前地下道北側通路(大分市末広町)
工期 平成30年3月1日~平成30年3月27日
規模 大分駅前地下道北側通路に設置されているショーケースを活用した作品空間。
宇宙から地球に降り注ぐ「宇宙線(宇宙空間を光に近い速度で飛び回る高エネルギー粒子)」を感知すると、
ショーケースに設置したLEDが明滅して空間を柔らかく照らします。
60m以上の地下通路で規則に明滅を繰り返す光が、
宇宙や生命の誕生、惑星の消滅といった壮大な物語を鑑賞者に語りかけます。
工事概要 上記件名における電気設備工事一式