鬼塚電気工事株式会社

お知らせ

世界は届けい・セカイハトドケイの制作協力しました。

大分県立美術館アトリウム西側展示作品「大分観光壁」

コンセプト

「観光」とは、「光を観る/観せること」、つまり、「地域のすぐれたものを観る/観せること」。大分観光壁では、大分のすぐれものが、現代作家の新しい視点を通して、美術作品へと昇華し、鑑賞者に呈示されます。

委嘱作家
ミヤケマイ(美術家)

日本の伝統的な美術や工芸の繊細さや奥深さに独自のエスプリを加え、過去と現在、未来までをシームレスにつなげながら物事の本質を問う作品を制作。美術館などでの展示の他、企業や大学でのサイトスペシフィックなインスタレーションなど国内外で幅広く活躍する現代作家。

展示作品
1.世界は届けい・セカイハトドケイ
WORKD could be a safe place CLOCK
大分の中心で家内安全を叫ぶ

最も小さい家、会社、地域郷土などの単位から、平和(家内安全)を実行し、世界中の家に鳩(平和)を呼び戻そうというコンセプトの作品。大分を含めた世界の主要都市の時計が西壁一面に展示されます。

8都市(ロンドン・パリ・アムステルダム・シンガポール・香港・東京・ニューヨーク・大分)の「世界は届けい・セカイハトドケイ」のうち、大分の時計の制作協力をしました。